お薦めのCD紹介6日目

株式会社サクライカオルのCCさくりんです。。

お薦めのCD紹介6日目です。
いよいよユーミンの登場です。本日、タイミング良くユーミンファンクラブからバースデイカードが届きました。5月生まれにまとめて送付したのでしょうか。同時にファンクラブの年会費の支払い票が届きました。

ユーミンはオリジナルアルバム38枚、ベストアルバム10枚、ライブ2枚、セルフカヴァー1枚と計51枚のアルバムをリリースしており、現在39枚目のオリジナルアルバムの創作中でリリースは秋から冬でしょうか。

51枚のアルバムの中から選んだのは♪Tears and Reasons♪です。1992年11月27日リリースの24枚目のオリジナルアルバムです。

1.無限の中の一度
2.サファイアの9月の夕方
3.瞳はどしゃぶり
4.ミラクル
5.Misty China Town
6.私らしく
7.冬の終わり
8.So high
9.恋の一時間は孤独の千年
10.Carry on

このアルバムがリリースされた頃はミリオン確実という頃です。私も発売日には買っていた感じです。反面、仕事が忙しくゆっくりと聴いているという感じではなかったですのでどんな曲があるのかとかは覚えきれない時期でした。

2011年に♪ROAD SHOW♪いうアルバムのコンサートツアーがありました。3.11の年です。8月1日に前橋のベイシア文化ホールで行われたコンサートに参戦しました。当時はまだ計画停電とかも行われていました。

そのコンサートの後半で本日のアルバムに入っている♪瞳はどしゃぶり♪を半分演奏して♪DESTINEY♪につなげる演出が記憶に残ったので改めて瞳はどしゃぶりが含まれているアルバムをじっくりと聴いたのですが、良い曲ばかりで気に入ったので今回セレクトしました。松任谷由実オフィシャルサイトのDISCOGRAPHYで1曲あたり45秒聴く事ができます。松任谷由実オフィシャルサイトで検索下さい。

いよいよ明日は最終日、全世界で2,500万枚売り上げた1枚を紹介します。それではまた。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です